美容のためにはGI値も気にしなくてはいけない

お風呂で手軽に実践できる美容法を取り入れよう 美容のためにカロリーを気にして食事を選ぶようにしていると言う女性は多いでしょう。それは、いいことではありますが、カロリーだけしか気にしないと言うのではいけません。たとえば、うどんとそばならカロリーが低いうどんを選ぶ人がほとんどでしょう。確かに、同じ量ならうどんの方がカロリーは低いです。しかし、GI値はそばの方が低いので、うどんは太りやすい食べ物と言うことになります。美容のためにはカロリーだけでなく、GI値も気にしなくてはいけません。低GI値のものを食べるようにしましょう。そうすれば太りにくくなります。

低GI値の食べ物は何かと言うと、未精製の穀物や砂糖です。白い米やパンは避けるべきです。玄米や全粒粉のパン、黒砂糖やハチミツを摂るようにしましょう。また、野菜はほとんどがGI値が低いです。しかし、にんじんやかぼちゃやイモ類は若干高めと言うことを頭に入れておきましょう。食べてはいけないと言うことではなく、食べ過ぎないようにすることが大事です。とは言え、GI値が高いものを完全に避けるのはとても難しいです。GI値が高いものを食べるときは、アーモンドや酢やレモンも一緒に摂るようにしましょう。少し緩和できます。
Copyright (C)2019お風呂で手軽に実践できる美容法を取り入れよう.All rights reserved.